太陽光発電における工事単価

一般的な家庭で使用可能となる太陽光発電システムが設置され始めた1990年代初頭には、1kw約200万円と非常に高価なものでなかなか手を出すことが出来ませんでした。
しかし現在ではそれも大きく変わり1kw65万円から67万円程度にまで価格が下がりご家庭でも導入しやすくなったのです。

 

太陽光発電の工事単価というのは太陽光発電システム導入の工事価格をシステムの容量で割った金額となります。
もし太陽光発電を導入しようと検討している人は、目安として工事単価を覚えておくと良いでしょう。
最近になって売電という言葉を頻繁に聞くようになり、売電貯金と呼ばれる節約方法を実践している人が多くいます。
毎月売電をしたお金が振込されますので、コツコツと貯めていく喜びも実感することが出来るでしょう。 住宅の屋根型や、システムの規模、さらには太陽電池の種類によりまして工事単価は異なってくるのでご注意ください。
まずは太陽光発電の設置業者に聞いたり、比較サイトなどを確認してみると良いでしょう。



太陽光発電における工事単価ブログ:2020/9/16

昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、ぼくは小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかな息子番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

母親は農家の仕事でいつも外に出ていたので、
ぼくの記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
ぼくは祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生のぼくが知っている漢字の読み方を、
時々ぼくに聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなるとぼくに聞いた。

ある日、ぼくはしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、ぼくに聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、ぼくに気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「ぼくは、子守り奉公に行ってたからなあ〜」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事を母親が話してくれた。

ぼくはまだ息子だったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

ぼくはその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。